Premiere

<Premiere>は英語で「(演劇などの)封切」を意味する。 アパの「Premiere」マンションはまさに生活の舞台であり、 ここに住むことは新たな人生・新たな生活の「封切」である。 この舞台から、家族のさまざまな感動や歓びが 生まれていくことを意味している。

一戸建てとはこんなに違う?!マンションならではの暮らしやすさを検証

living dining

新居探しを行うとき「一戸建てにするか?マンションにするか?」については、誰もが一度は迷うポイント。近頃は、従来“一戸建て派”だった方たちが、老後生活の暮らしやすさを考えて“マンションへの買い替え”を検討するケースも増えています。中でも、近年全国的に注目を集めているのは都心回帰のライフスタイル。アパマンションの《プレミアシリーズ》は、比較的都心に近く、利便性が豊かな立地。「駅に近い」「商業施設に近い」などマンションならではの快適利便性を実感できる“快適都心生活”を提案しています。そこでこのページでは、《プレミアシリーズ》の暮らしやすさについて、魅力を検証してみましょう。

高い断熱性により外気をシャットアウト、冬場の光熱費削減にもつながります

新潟・北陸地方といった寒冷地において、マンション生活の最大のメリットのひとつに挙げられるのは、何といっても「冬場の室内の温かさ」でしょう。鉄筋コンクリート構造のマンションは、それぞれの外壁側などに高性能断熱材が使用されているほか、窓には優れた気密性を持つサッシが採用されているため、建物全体の断熱性能が一戸建て住宅よりも高められてます。陽射しを部屋に取り込んで熱を逃しにくいのでリビング・ダイニングは暖かで快適。また、冬場の光熱費を軽減することができ、“家計にもやさしい快適生活”が実現します。

新築マンションならではの最新設備

《プレミアシリーズ》では、マンションならではの現代的な最新設備を導入しています。例えば、長雨や雪のシーズンでも洗濯物をカラリと乾すことができる『浴室暖房乾燥機』、生ゴミをその場で粉砕処理しゴミ出しの回数を減らすことができる『ディスポーザー』、火を使わないためお子さんやお年寄りの方も安心できる『IHクッキングヒーター』、収納豊かな『三面鏡型洗面化粧台』など、日々進化し続ける快適設備は、これからスタートする新生活の“快適な暮らしやすさ”をしっかりとサポートしてくれます。
※上記設備の有無はマンションにより異なります。詳しくは各物件にお問い合わせください。

浴室暖房乾燥機
ディスポーザー
IHクッキングヒーター
三面鏡型洗面化粧台

フラットな居住空間なら、老後生活も安心

共用部と各室内の段差を極力省き、つまずきやケガが起こらないよう配慮された『バリアフリー設計』が導入されている点もマンション生活の魅力のひとつ。ベビーカーを押してお出かけするとき、旅行用のトランクを引きながら移動するとき、万一の介護等で車椅子が必要になったとき、2階建ての階段を昇るのが辛くなってきたとき・・・段差の少ないバリアフリーの住空間なら、体力的な負担を軽減しながら末長く快適生活を送ることができます。近年、年配の方を中心に「長く住み慣れた一戸建てを離れてマンションへ引っ越したい」と考える方が増加しているのも、こうした点に理由があるようです。

flat

明るさと眺望は、マンション生活の醍醐味!

《プレミアシリーズ》は、主に地上7階~13階建ての建物が中心。高さのあるハイサッシを採用しているので、中層階以上の住戸であれば、冬場でもリビングの奥までたっぷりと陽光が届けられ、1年を通して明るい住空間を満喫できます。また、周辺の街並みを上空からの目線で一望できる豊かな眺望は、一戸建てではなかなか感じることのできない“マンション生活ならではの醍醐味”とも言えるポイント。季節を問わず実感できる採光性の高さと窓辺に広がるワイドな風景にはぜひ注目したいところです。

雪かきなど、冬場の雪対策からも開放!

冬場の一番の悩みのタネともいえる雪対策ですが、毎年敷地内の通路・庭・敷地周りの雪かきをするのは大変な労力と時間がかかるもの。
しかし、マンションの場合は敷地周りに融雪装置が設置され、シーズン到来前に点検を行うなど管理スタッフが細やかに対応してくれるため、煩わしい冬場の雪対策から解放されます。

snow

改修の不安を軽減!修繕計画や予算管理も管理会社がしっかりサポート!

住まいは、雪害対策や沿岸部の塩害対策など、強度を保つための点検・改修計画を綿密に立てることが重要です。一般的に、一戸建て住宅の場合は10年目で100万円、30年目で500万円程度の改修費用が必要とされていますが、寒冷地の場合では、屋根の積雪荷重点検や海風による鉄骨腐食の確認など調査したい項目も多く、スケジュールや予算を個人で管理するのは大変な作業です。
しかし、マンションの場合は新築時にその建物に適した長期修繕計画が明示されるほか、各住戸ごとに修繕積立金を毎月納めることで、管理組合で修繕費用をプールしてくれます。もちろん、修繕への関心を持つことは大切なことですが、「管理会社へおまかせすればしっかりサポートしてくれる」という心強さもマンションならではのメリットとなります。

※掲載の写真はTHE PREMIERE〈新潟 萬代橋〉のモデルルームを2017年3月に撮影したものです。また、家具・小物等は販売価格に含まれておりません。なお、一部に有償オプション(期限有り)が含まれております。
※掲載の情報は2017年3月現在のもので今後変更になる可能性があります。
※眺望は長期にわたり保証されるものではありません。

暮らしを守るための安心材料、 現代生活に欠かせない先進のセキュリティシステム

住まいの防犯性能は日々進化し続けています。個人の一戸建て住宅で先進のセキュリティシステムを導入しようとすると、初期の設備投資も含めて維持・管理費用など大きなコストが発生してしまいますが、マンションの場合は“敷地と建物全体を入居者全員で守る”という概念のもと、各自でセキュリティ費用を支払うことによって安心・安全への備えを行っています。また、《プレミアシリーズ》では、全国にホテルを展開しているアパグループならではのホテルライクなエントランスが日常のワンシーンを彩り、一戸建て住宅ではなかなか味わうことのないラグジュアリーな生活空間を体感できます。このページでは《プレミアシリーズ》の暮らしを守る先進セキュリティシステムや独自の入居者サービスについてご紹介します。

不要な部外者の侵入を食い止める安心のトリプルセキュリティ

①マンションのエントランス入口→②1階エレベーターホール入口→③各住戸の玄関入口と、3段階の防犯チェックポイントを設けた『トリプルセキュリティシステム』を導入。在宅している方がオートロックの解除を行わない限り、マンションのカギを持たない部外者は建物内へ入ることができず、エレベーターのドアも開かない仕組みになっています。また、各住戸内に設置された『TVモニター付きインターホン』では、鮮明なカラー画像で来訪者を確認可能。録画機能も備えているため、留守中にどんな人が訪ねてきたか?についても再生して確認できます。

各住戸の玄関ドアもセキュリティ対応

各住戸の玄関ドアには、ボタンを押してカギをかざすだけで解錠できる先進の『ノンタッチキー』を採用。カギ穴が隠れているため、ピッキングなどの空き巣犯罪やいたずらの抑止効果につながるほか、買い物帰りに両手が荷物でふさがっているときにもカギの解錠操作をスムーズに済ませることができ、とても便利です。※一部物件では対応しておりません。
また、ドア本体には近年増加しているサムターン回しを防ぐ『防犯サムターン』や、こじ開けを防ぐ『鎌付きデッドボルト錠』を搭載。不正解錠を防止し、住まいの安全を守ってくれます。

key

犯罪を抑制する安心の防犯カメラ

部外者の出入りが多くなるエントランスをはじめ、共用スペース内の随所に『防犯カメラ』が設置され、24時間体制で館内の安全を監視します。特に、夜間やエレベーター内部などは人の目が行き届きにくくなるため、万一の事故や重大な犯罪発生の際には、有力な証拠として残すことができます。

見守られている安心感・・・
24時間緊急通報システム

《プレミアシリーズ》では、万一の事件や事故、苦情・相談、建物設備の異常などの問題が生じた場合、状況に応じて警備会社や担当フロントマンが迅速な対応を行う『24時間緊急通報システム』を導入しています。「いつも誰かが見守ってくれている」という安心感を実感できる24時間・365日の有人受付体制は、女性の一人暮らしや高齢者世帯の方にとっても心強い存在となりそうです。

24h

いざという時に役立つ、
コミュニティ形成もサポート

アパグループでは、万一の救命活動に備えて社員に対し『救命救急講習』の受講を推進おり、マンション管理を行う管理員『ライフマネージャー』も約8割を超えるスタッフが受講を完了しています。実際にアパグループ内ではAEDを使用した救急救命が3件行われ、尊い命を救ったことで消防署より表彰を受けています。また、マンション内では他の企業とコラボしてセミナーを開催することも。防災意識の向上を目的とした『防犯・救命セミナー』をはじめ、『美容セミナー』『インテリアセミナー』『ビールセミナー』などの身近なテーマも多く、入居者同士の楽しい交流の場として好評となっています。このように、日ごろからマンション館内の円滑なコミュニティ形成を図ることによって住民同士の関係性が良好になるため、万一の災害時にはスムーズな共助活動のサポートにもつながりそうです。

support

※掲載の情報は2017年4月現在のものです。行政指導・施工上の理由並びに改良のため、今後変更になる可能性があります。

買う前に知っておきたいお金の話

住まいを購入するための準備資金や、実際に買ってから発生するランニングコストなど、「住まいにまつわるお金」はいろいろあります。このページでは、マンションと一戸建て住宅を比較した場合のコストの違いや住宅ローンの金利動向など、住まいを買う前に知っておきたいお金の話についてご紹介します。

新築マンション VS 戸建て住宅
お金にまつわるそれぞれのメリット・デメリットを考えてみよう

住まいの価値は『立地』で決まると言っても過言ではありません。そこでまずはマンション・一戸建てそれぞれの『立地=資産価値』について注目してみましょう。
街の中心街や駅に近い場所に建設されることが多い新築マンションは、どうしても土地代は割高になります。一方、郊外型の立地が多い一戸建て住宅の場合、比較的安い価格で土地を入手したり、祖父母や両親から譲り受けることも可能です。ただし、将来の住み替えを考えたときに、売却や賃貸など住まいの流動性が高くなるという点ではマンションのほうに軍配が上がり、築年数が経った郊外の一戸建ては、土地の価格分しか資産評価を受けられなくなる可能性が高くなります。

次に、住まいの価値を維持する上で欠かせない『メンテナンス』について。マンションでは強制的に毎月修繕積立金が発生するためランニングコストとしては負担が大きくなりますが、将来の修繕に向けて確実に積み立てを行うことができるため、資産価値を維持しやすい環境が整っています。一方、一戸建ての場合は強制的な積立金の徴収がないぶん、個人で長期的な修繕計画を立てること・修繕に備えた貯金を行っておくことが必要になります。

他にも『光熱費』や『インターネット通信費』にも下記のような違いがありますので、長期的な視野を持ってそれぞれのメリット・デメリットをじっくりと検討すると良いでしょう。

「低金利時代」にマンションを購入するということは、物件を安く購入できるということ

皆さんは『住宅ローンの金利動向』について日ごろから意識していますか?2016年1月に、日銀が史上初のマイナス金利を導入して以降、住宅ローンは史上稀に見る『低金利時代』が続いています。しかし、金利は世の中の景気の動きに左右されるため、今後は2020年に向けて徐々に上昇していくのではないかと言われています。仮に、「頭金が貯まってから数年後にマンションを購入しよう」と計画を立てて、コツコツ貯金を続けたとしても、ようやく頭金が貯まった時に金利が上昇していた場合、下記の図からもわかるとおり、月々の支払い額の負担がかえって増えてしまうこともあります。『低金利時代』に住宅ローンを組むということは、月々の負担額や総返済額を軽減でき「マンションを安い価格で購入できる」ということにつながります。こうした金利上昇のリスクをしっかりと視野に入れながら、購入計画を検討してみましょう。

購入 VS 賃貸

「このまま賃貸住宅で暮らし続けるか?それともマイホームを購入するか?」については、多くの人が一度は思案する住まい選びのターニングポイントです。しかし、賃貸住宅の場合、大家さんへ毎月きっちり家賃を支払っていても、その住まいが自分の財産になるわけではなく、老後の住まいへの不安を常に抱えながら生活を続けなくてはいけません。逆に、マンションを購入した場合は、住宅ローンという大きな負債を抱える不安はありますが、月々きっちり返済を行うことで『自分の大切な財産を形成すること』にもつながります。
また、住宅ローン申し込み時に『団体信用生命保険』に加入しておくと、病気や死亡など万一の際にはその保険金によって住宅ローンの残額が完済されるので、残されたご家族のために大切な住まいを守ることができます。

calc

ファミリー層に人気が高い『分譲賃貸』

マンション購入は大きな買い物。そのため、購入前に“将来の売却や賃貸運用”など、万一の自分の生活の変化に備えて、物件の流動性メリットをシミュレーションしておくことが大切です。都心生活の快適さを提案しているアパマンションの《プレミアシリーズ》は、比較的都心に近く、利便性の高さが大きな魅力。こうした好条件が整ったマンションは、地元だけでなく転勤族からのニーズも高いため、将来の賃貸運用を考えたときにスムーズな運用が可能となります。ちなみに、一般的な賃貸マンションよりも”オートロック”、”バス・トイレ別”など、品質やグレードが優れている『分譲賃貸物件』は、入居希望者が多い反面マーケット的には供給物件数が少ない傾向にあり、相場よりも高い賃料で貸し出すことができると想定される点も大きなメリットです。

※掲載の写真は2017年3月に撮影したものです。
※掲載の情報は2017年3月現在のもので今後変更になる可能性があります。

住宅ローン概要
●提携金融機関/三井住友銀行●三井住友住宅ローン(新規受付金利)
●年利/0.625%~(変動)0.80%~(2年固定)、1.00%~(3年固定)、1.15%~(5年固定)、1.35%~(10年固定)
●融資限度額/100万円以上1億円以内(10万円きざみ)●返済期間/最大35年以内●事務手数料/32,400円(消費税込)
●保証保険料/(例)借入金額100万円、借入期間35年、元利均等返済の場合20,620円(非課税)
●年齢制限/満20歳以上、満70歳の誕生日までの方で完済

※上記ローンは平成29年5月8日時点の情報です。
※銀行ローン金利は変動金利につき今後変動する可能性がございます。
※上記内容は収入等の条件や審査結果によって異なりますので予めご了承ください。※基準の家賃相場:駅徒歩10分以内賃貸物件の平均賃料(管理費・駐車場代などを除く)を軸にLIFULL HOME'Sの過去データを基にした独自のロジックで算出しています。(2017年4月23日現在)
※物件情報は毎週金曜日に更新されています。

APA Premium Keys

APA Premium Keys

アパのマンションのキーを手にする。それは同時に、アパホテルズ&リゾーツのキーを手にすることでもあります。マンションライフとホテルのホスピタリティを結びつけた新しい住まい文化を提案してきたアパグループ。その集大成を“ APA Premiun Keys(アパプレミアムキーズ)”と称し、プレミアマンションシリーズオーナー様だけの特権として、マンションご購入後5年に渡って毎年お届けします。
都心のアパホテルをもうひとつの自宅として、あるいは全国各地のアパホテルを別荘として気軽に使いこなす。北海道から沖縄まで全国主要都市、リゾート、温泉を網羅する200ホテル以上(※1)のネットワークを擁し、都心でホテルとマンションを展開するアパグループだからこそ提供できるライフスタイルです。どうぞ、もうひとつのキーでプレミアムなアパの世界の扉を開けてください。

My Hotel

hotel

ご購入のアパマンションに近接するアパホテルを特別レートにてご優待させていただきます。
プレミアマンションシリーズの近隣には、必ずアパホテルがあります。ホテルライクではなく、ホテルそのもののサービスを日常的に享受できる暮らし。たとえば、遠来のご親族やご友人にゲストルームを用意する。休日には、カフェやレストランでゆったりとしたひと時を過ごす。ランドリーや宅配便等の取り次ぎや手配※もいたします。まさに、「マイホテル」としてお気軽に使いこなすことができます。
※有料サービスとなります。

■東京都内/
 シングル5,000円、ツイン10,000円
■その他の首都圏・大阪・京都・名古屋/
 シングル3,500円、ツイン7,000円
■その他の地域/
 シングル3,000円、ツイン5,000円

※ 1名様1泊素泊まり、消費税込・サービス料込の料金です。
※休前日は、上記料金より、東京都内は2,000円、その他の地域は1,000円アップとなります
※ツインルームの設定がないホテルもございます。
※年間のご利用回数には上限があります。
※サービス内容等につきましては予告なく変更する場合がございます。

My Suite Room

My Suite Room

アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉のスイートルームを特別レートにてご優待させていただきます。
地上50階、高さ180mを誇る日本最高層ホテル※、アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉。東京湾の絶景をたのしめる最高ランクのスイートルームをお気軽にご利用いただけるご優待プログラムです。お二人や家族の記念日に、あるいはご友人との楽しい時間に。特別な日にふさわしいひと時をお過ごしください。
※ホテル単体として日本最高層。

■インペリアルスイート(4bed)/
 通常料金30万円を5万円(4名様/1室)
■ プレジデンシャルスイート(2bed)/
 通常料金15万円を3万円(2名様/1室)
■ エグゼクティブスイート(2bed)/
 通常料金15万円を3万円(2名様/1室)

※ 1泊素泊まり、消費税込・サービス料込の料金です。
※ホテルフロントにてご優待券のご提出をお願いいたします。
※本優待券は、ご利用いただける日が限られています。詳しくは、ホテルにお問い合わせください。
※年間のご利用回数には上限があります。
※サービス内容等につきましては予告なく変更する場合がございます。

My Resort

My Resort

アパホテル&リゾート〈上越妙高〉もしくはアパホテル&リゾート〈札幌〉を、1名様1泊1,000円の特別料金にてご優待させていただきます。
雄大な妙高山麓にひろがる高原の森に包まれたアパホテル&リゾート〈上越妙高〉。旬の美食や温泉が堪能できる上質な空間と、ゴルフをはじめとした多彩なアクティビティがたのしめる国際スケールの滞在型リゾートです。そして、札幌市内にある北海道最大の全903室を擁するアパホテル&リゾート〈札幌〉。札幌市街を一望できる藻岩山展望台にも近く、観光やグルメ、ゴルフにも便利な絶好のロケーションにあります。

※ アパホテル&リゾート〈上越妙高〉は、グリーンシーズン営業となりますので、営業期間についてはアパホテル公式HPよりご確認ください。
※ 1名様1泊素泊まり、消費税込・サービス料込・入湯税込の料金です。
※ホテルフロントにてご優待券のご提出をお願いいたします。
※本優待券は、ご利用いただける日が限られています。詳しくは、各ホテルにお問い合わせください。
※年間のご利用回数には上限があります。
※サービス内容等につきましては予告なく変更する場合がございます。

My 割烹温泉旅館

アパホテル&リゾート加賀片山津温泉 佳水郷を特別レートにてご優待させていただきます。

七色に移り変わる美しい柴山潟を望む絶景の宿。北陸の美食と温泉をご堪能いただけます。お部屋は、湖に面した広いバルコニーのあるモダンな和室「舟の棟」をご用意いたします。

■湖に面した和室 「舟の棟」
●1名様1泊2食 14,000円(2名様/1室)
●1名様1泊2食 12,000円(3名様/1室)
●1名様1泊2食 10,000円(4名様/1室)

※1名様1泊2食、消費税込・サービス料込、入湯税(1名様150円)別の料金です。
※休前日は上記料金より、1名様につき3,000円アップ、年末年始・GW・お盆期間は、1名様につき5,000円アップの料金となります。
※ホテルフロントにてご優待券のご提出をお願いいたします。
※本優待券は、ご利用いただける日が限られています。詳しくは、ホテルにお問い合わせください。
※年間のご利用回数には上限があります。
※サービス内容等につきましては予告なく変更する場合がございます。

My Best Rate

APA hotel Kanazawa
APA hotel Yodo
APA hotel Fukuoka

全国のアパホテルをWeb割ベストレートより、 1,000円引きにてご利用いただけます。

※Web割ベストレートはアパホテル公式ホームページでお確かめください。※1泊1室素泊まり、消費税込・サービス料込の料金です。※ツインルームの設定がないホテルもございます。※ホテルフロントにてご優待券のご提出をお願いいたします。※年間のご利用回数には上限があります。※サービス内容等につきましては予告なく変更する場合がございます。

My Golf

My Golf

アパホテルズ&リゾーツ所有のゴルフコースを特別料金にてご利用いただけます。

アパリゾート上越妙高の森ゴルフコース
妙高山麓の雄大な地形と白樺や松などの自然樹をそのままいかし、大胆に池を配したダイナミックで戦略的なコースです。名山妙高山を一望する美しいロケーションのなかでの爽快な高原プレーが、すべてのゴルファーを魅了します。
■ご優待料金(昼食付)/平日4,500~5,000円、土日祝日 6,500~8,000円

アパリゾート栃木の森ゴルフコース
都心から約1時間という近さと、GPS機能付乗用リモコンカートでのカジュアルなスタイルが魅力のコース。樹々と池が配された戦略性の高いコースは上級者からビギナーまで、ゴルフ本来の醍醐味をおたのしみいただけます。
■ご優待料金(昼食付)/平日6,000円、土日祝日 12,000円(4-6月・10-12月)、 10,000円(1-3月・7-9月)

※アパリゾート上越妙高の森ゴルフコースは、グリーンシーズン営業となりますので、営業期間についてはアパホテル公式HPよりご確認ください。
※フロントにてご優待券のご提出をお願いいたします。
※年間のご利用回数には上限があります。
※サービス内容等につきましては予告なく変更する場合がございます。

※1 掲載のアパグループのホテル数は、2017年3月23日現在のもので、建築中・設計中のものも含みます。
※上記すべてのサービスは、アパコミュニティ株式会社が管理業務を受託している管理組合様限定のサービスです。
※マイホテルを除く上記サービスについては、毎年、オーナー様宛に発行されるご優待券をご提出いただくことで受けられます。 ※サービスのご利用条件・ご優待券発行の条件等詳細につきましては、公式ホームページの規約をご確認ください。 ※サービス内容等につきましては予告なく変更する場合がございます。
※掲載の情報は2017年3月現在のもので今後変更になる可能性があります。